2021年12月22日水曜日

11月の教室風景とみなさまの作品

  
ジューンベリーの紅葉



 11月は、アトリエ横のジューンベリーの緑とみかん色の葉の入り混じった感じがとても綺麗です。太陽の軌道も低くなり、アトリエの中いっぱいに光が入るようになります。晴れた日は、太陽の温もりを感じながらの教室になりました。

 

 ■鉢盆栽の苗

 
かごに入った山野草苗




 11月前半は、秋と春に楽しめる苗を準備します。秋の草花は、イトラッキョウ、春の草花は、ユキシロキンバイ、スミレ、スズラン、スズメノヤリ、コバノタツナミソウなど。11月後半は、クリスマスやお正月に楽しめる赤い実のヤブコウジや大実ゴールテリアと初春に楽しめる、ユキワリソウ、バイカオウレンなどを準備しました。




スズラン等の山野草盆栽とガラスのキノコの置物
日なたの好きな草花で作る鉢盆栽
スズラン(春:花)
スズメノヤリ(春:穂 春~冬:葉 )
タチツボスミレ(春:花)
ノギク(秋:花 綿毛)
鉢:信楽焼





イトラッキョウ等の山野草盆栽とガラス細工のキノコ
葉を楽しむ草を加えた鉢盆栽
フウチソウ(秋:穂 春~秋:葉)
イトラッキョウ(秋:花 )
タチツボスミレ(春:花)
鉢:大竹慎一郎さん

お揃いの釉薬、模様の大小小さな鉢に植えられた山野草盆栽
小さな鉢二つで作る鉢盆栽
左 御所車(年間 葉)
  鉢:遠藤正樹さん
右 フイリリュウノヒゲ(初夏:花 年間:葉)
 ユキワリソウ(初春:花) 
  鉢:遠藤正樹さん


白と黒の小さな鉢に植えられた山野草盆栽二つ
小さな鉢二つで作る鉢盆栽
左 フイリリュウノヒゲ(初夏:花 年間:葉)
 ユキワリソウ(初春:花) 
  鉢:生徒さん持ち込み
右 ヤブコウジ(初夏:花 夏~冬:実)
  鉢:生徒さん持ち込み



金属釉の鉢に植えられた山野草盆栽とゴールドのまつぼっくり
半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽
ヤブコウジ(初夏:花 夏~冬:実)
ユキワリソウ(初春:花) 
コクリュウ(初夏:花 年間:葉)
 鉢:遠藤正樹さん

グレーに粉を吹いたような釉薬の鉢に植えられた山野草盆栽と雪化粧のまつぼっくり
半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽
ヤブコウジ(初夏:花 夏~冬:実)
バイカオウレン(初春:花) 
アジュガ(春:花 年間:葉)
 鉢:遠藤正樹さん

リング鉢に植えられた赤い実のリースとフクロウの置物とまつぼっくり
リング鉢で作るリース盆栽
大実ゴールテリア(初夏:花 夏~冬:実)
バイカオウレン(初春:花) 
ヘビイチゴ(春:花 実)
キランソウ(春:花)
 鉢:大竹慎一郎さん

小さな鉢で作るお正月盆栽

小さな鉢二つに植えられた山野草盆栽
小さな鉢二つで作る鉢盆栽
左 御所車(年間:葉)
  鉢:大竹慎一郎さん
右 ヤブコウジ(初夏:花 夏~冬:実)
  ユキワリソウ(初春:花) 
  鉢:小石原焼

ヤブコウジなどの入った山野草盆栽と寅の土鈴の人形
小さな鉢で作る鉢盆栽
ヤブコウジ(初夏:花 夏~冬:実)
ユキワリソウ(初春:花) 
鉢:遠藤正樹さん



 
  イトラッキョウは、とてもかわいい花を咲かせます。そして、作る時には、プーンとあのラッキョウの匂いがしてくるのです。つぼみの段階で作っていただきましたが、花が開く様子を楽しんでいただけたようです。
 後半は、クリスマスやお正月に向けて楽しめる実ものを使った寄せ植えです。今回、初挑戦していただいたリング鉢。赤い実のものを植えると、クリスマスリースになります。幅が細いのでちょっと植えにくいのですが、素敵な仕上がりです。その他、選んでいただいた小さな鉢、シンプルな鉢は、和洋どちらでもOK。いろいろ小物を変えて、クリスマスに、お正月に飾っていただけるといいなぁと思います。