小さな自然と一緒に暮らす 季節ごとに姿を変える山野草の盆栽、その作り方、育て方をお伝えする教室です。

2021年3月17日水曜日

4月の1day ショップのご案内

山野草盆栽の鉢、陶盤
 
 


 4月の1day ショップの日程が決まりました。山野草盆栽の鉢・陶盤の販売の月1回のショップです。
 春から初夏の花が出回る季節、盆栽作りに最適です。鉢や陶盤をお探しの方、ぜひ、いらしてみてください。

 小さなアトリエで行うので、2名入れ替えで予約制となります。ご希望の方は、こちらのページからお持ち込みください。




2021年3月2日火曜日

4月の教室のご案内

 



ヒダカハナシノブとシロナズナとスズメノヤリの寄せ植えの山野草盆栽


 4月の教室の日程が決まりました。
 春の花が次々と咲き始めました。生まれたての緑の葉と柔らかな色合いの春の花の盆栽は、見ているだけで気持ちが華やぎます。アトリエの庭の緑も綺麗な季節です。一緒に春を楽しみましょう。

 ご希望の方は、こちらのページをご確認の上、お申し込みください。引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策をとり、定員も通常4名のところ、2名とさせていただきます。状況により適宜変更いたします。ご迷惑をおかけしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。


2021年3月1日月曜日

1月2月の教室風景とみなさまの作品


ナンテンの苔玉とリース型の鉢の草もの盆栽


 アトリエに向かう道路からのアプローチでは、まずはじめにスノードロップが咲き、フキノトウ、クリスマスローズが続きます。空色のオオイヌノフグリや薄ピンクのヒメオドリコソウが咲くのもこの頃です。2月後半になると、アセビが蕾を膨らませ、ジンチョウゲが香り始めます。アトリエ横の小さな庭では、葉を落としたヒメシャラやジューンベリーの芽が膨らみ始め、スイセンやフジバカマの新芽がぐぐんぐん伸びてきました。日に日に春の景色に変わっていくのがこの季節の楽しさです。


コンサバトリーのアトリエ窓から見える空と木の枝


 緑道側の樹木もこの時期剪定が入るので、アトリエには太陽の光がたっぷりふりそそぎ、晴れた日は外の気温が低くてもポカポカです。そんな日は窓をあけて、外の空気を取り込みながら教室を実施しました。


かごに入った5つのナンテンの苗



 1月と2月の3週目は苔玉の回。寒い時期は根をいじらない苔玉づくりを行います。この時期は、葉を落とさない常緑樹のナンテンを準備しました。


庭を背景にしたナンテン苔玉の完成写真
勾玉の形のお皿にのせ
小さなヒヨコの人形を添えて

庭を背景にしたナンテン苔玉の完成写真
メタリックの釉薬のお皿にのせ
茶香炉を背景に

庭を背景にしたナンテン苔玉の完成写真
勾玉のお皿にのせ
子犬の人形を添えて

庭を背景にしたナンテン苔玉の完成写真
信楽焼の四角いお皿にのせ
うさぎの人形とともに


庭を背景にしたナンテン苔玉の完成写真
丸い陶盤にのせて
小さなヒヨコの人形を添えて


庭を背景にしたナンテン苔玉の完成写真
丸い陶盤にのせて
小さなヒヨコの人形を添えて


かごに入った山野草の花苗


 2月も中旬を過ぎると鉢盆栽を作れるようになります。2月は、春の花、ユキワリソウ、バイカオウレン、ショウジョウバカマ、台湾バイカカラマツ、大輪ヒメフウロソウなどを準備し、それに合わせる美しい葉の草花や少し先に花の咲く草花を準備しました。




半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽

コクリュウ(年間:葉 夏~冬:実)
ショウジョウバカマ(春:花 )
コバノタツナミソウ(春:花)
鉢:信楽焼




丸い陶盤にのった茶色のそり型の鉢の山野草盆栽と立ち雛

半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽
コクリュウ(年間:葉 夏~冬:実)
ユキワリソウ(初春:花 )
ミヤコワスレ(春:花)
鉢:遠藤正樹さん 大竹慎一郎さんコラボ


半月型の陶盤にのったそり型の鉢と小さな陶器の立雛

春の景色を作る鉢盆栽
アミガサユリ(春:花)
ヒメカンスゲ(年間:葉 春:穂)
セントウソウ(春:花)
キジムシロ(春:花)
鉢:片岡美津江さん




半月の陶盤にのったおわん型の鉢の山野草盆栽と立雛

半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽
コクリュウ(年間:葉 夏~冬:実)
ユキワリソウ(初春:花 )
タチツボスミレ(春:花)
鉢:信楽焼





半月の陶盤の上にのった楕円型の鉢の山野草盆栽とうさぎの人形

半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽
フイリリュウノヒゲ(年間:葉 夏~冬:実)
ユキワリソウ(初春:花 )
コバノタツナミソウ(春:花)
鉢:遠藤正樹さん





半月の陶盤の上にのったそり型の鉢の山野草盆栽と小さな立雛

春の景色を作る鉢盆栽
アミガサユリ(春:花)
スズメノヤリ(年間:葉 春:穂)
セントウソウ(春:花)
オヘビイチゴ(春:花)
鉢:片岡美津江さん




長半月の陶盤にのった小さな鉢盆栽二つと立雛
小さな鉢で作る鉢盆栽
ハルリンドウ(春:花)
八重ヒメフウロソウ(春~秋:花)
鉢:萬古焼
バイカオウレン(春:花)
鉢:信楽焼
陶盤:生徒さん自作陶盤


長半月の陶盤にのった小さな鉢盆栽二つと立雛

小さな鉢で作る鉢盆栽
台湾バイカカラマツ(春:花)
大輪八重ヒメフウロソウ(春~秋:花)
鉢:信楽焼
ヘビイチゴ(春:花・実 秋:葉)
鉢:萬古焼



半月の陶盤にのった茶色のそり型の鉢の山野草盆栽とうさぎの人形

半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽

コクリュウ(年間:葉 夏~冬:実)
ユキワリソウ(初春:花 )
コバノタツナミソウ(春:花)
鉢:片岡美津江さん





 春は、盆栽を作るのに一番いい季節です。色鮮やかな花が楚々と咲く景色は、いつまでも眺めていたくなります。皆さま植物や鉢を悩みながら選んでいただきましたが、それぞれ素敵な作品に仕上がりました。最後の撮影の際の陶盤や人形選びも楽しい時間です。
 家でもぜひ、いろいろな小物とともに楽しんでもらえたらと思っています。


2021年2月4日木曜日

鉢・陶盤の販売1day ショップを開きます

山野草盆栽の盆栽鉢・陶盤

 


 長年、山野草盆栽を作っておりますが、とても苦労したのが、山野草盆栽に合う素敵な鉢や陶盤を手に入れることです。巷のホームセンターやお花屋さんでは山草鉢、盆栽鉢、陶盤はなかなか売っておりません。

 山野草の盆栽をされている方は、同じような悩みを持っている方が多いと聞きました。

 今回、睦草の教室を実施していくにあたり、様々な鉢を仕入れ、いろいろバリエーションが広がってきました。実際に目でみて、手にとって選べる山野草の盆栽鉢のお店は、既にご自身で山野草盆栽を作られる方にもお役に立てるのではないかと思い、月に一度の1day ショップを開いてみることにしました。教室を実施する小さなアトリエをショップにするので、時間を区切り、定員2名の予約制となります。山野草の盆栽の鉢をお探しの方、ぜひ、足をお運びください。 


■日時 
2021年2月13日(土)
11:00~11:30 13:00~13:30 
14:00~14:30 15:00~15:30 
16:00~16:30 

2021年3月13日(土)
11:00~11:30 13:00~13:30 
14:00~14:30 15:00~15:30 
16:00~16:30 

■人数・時間
人数:狭いスペースなので、一緒に入店できる人数は、2人までとさせていただきます。
時間:30分

■予約方法
予約制となります。以下の申し込みサイトからご予約ください。

2月のお申し込みサイト
3月のお申し込みサイト

■新型コロナウイルス感染拡大防止のご協力
・アトリエに入っていただいた際の手の消毒、マスク着用をお願いいたします。
・少しでも体調が悪い場合は、ご来店を見合わせていただくようお願いいたします。

■鉢・陶盤 (写真は一例です。品揃えが刻々と変わること、ご了承ください)

鉢作家 大竹慎一郎さん 注文も承ります

山野草盆栽の盆栽鉢・陶盤 大竹慎一郎さん


  

鉢作家 安達好孝さん

山野草盆栽の盆栽鉢 安達好孝さん


鉢作家 遠藤正樹さん

山野草盆栽の盆栽鉢 遠藤正樹さん


鉢作家 片岡美津江さん

山野草盆栽の盆栽鉢 片岡美津江さん


信楽焼

山野草盆栽の盆栽鉢 信楽焼


萬古焼

山野草盆栽の盆栽鉢(萬古焼)



2021年2月1日月曜日

3月の教室のご案内

野の花キジムシロの山野草盆栽と一緒に飾った陶器のニワトリの親子の人形
 

 


 3月の教室の日程が決まりました。
 3月は、植物が活動し始めるので、山野草盆栽を作るのに一番いい時期です。ぜひ、春の花を楽しみにいらしてください。
 ご希望の方は、こちらのページをご確認の上、お申し込みください。引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策をとり、定員も通常4名のところ、2名とさせていただきます。状況により適宜変更いたします。ご迷惑をおかけしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。