山野草の盆栽


 盆栽は、小さな鉢の中に自然の景色を創り出す芸術。よく知られる樹木盆栽のほかに、野や山の草花を寄せ植えにして盆栽仕立てにする分野があります。それが山野草の盆栽です。(草もの盆栽とも言われます)
 季節ごとに、年ごとに姿を変えていく山野草の盆栽は、作るだけでなく、長く育てて、時折身近に飾る、そんな楽しみを持っています。
山野草の盆栽は基本的に戸外で育てます。

◇山野草の盆栽の移り変わり

2017年11月
 ノギク(左下)とヤクシマイトラッキョウ(右上)が咲いています。作って2年ほどたった姿です。それぞれの草花が馴染んで、秋の風景を作ります。

2018年2月
 冬になると、一見、枯れたかのような景色になります。それでも土の中では根が生きていて、春の準備をしています。
どこかから飛んできた種からハハコグサ(右下)が芽生えました。

2018年4月
 青葉があふれ、春の景色になります。黄色い花はヘビイチゴ、このあと赤い実になります。鉢に植えて3年くらいたつと、根と根が絡まり、鉢から抜いても崩れなくなります。その周囲に苔がまわった姿を楽しむのが根洗いです。根詰まりしなくなるので、植え替えせずに長く育てられるようになります。

2018年11月
同じ秋でも、一年前とは、まったく違う姿になりました。ノギク(右上)ヤクシマイトラッキョウ(左下)が楚々と咲いています。根洗いにすると、下のお皿によって、いろいろな雰囲気を楽しむことができます。


2019年1月
ノギクは、タンポポと同じように綿毛になります。花だけでなく、綿毛や枯れ色の葉から季節を感じることができます。




山野草の盆栽の移り変わりは、Instagram:suzuranraでご覧いただくことができます。