2021年1月16日土曜日

12月の教室風景とみなさまの作品

 

アシズリノジギク、御所車、ヤマコウバシとキヨスミシラヤマギク等の寄せ植え盆栽


 12月は、アトリエすぐ横のジューンベリーもヒメシャラも葉を落とし、低くなった太陽の光が降り注ぎます。アトリエの中には、一番遅くに咲く、アシズリノジギクやキヨスミシラヤマギクの寄せ植えを飾り、晩秋の景色を楽しみました。


カゴに入った山野草盆栽の教材(ヤブコウジ、ユキワリソウ、コクリュウなど)




 12月は、寒くなるとできなくなる鉢盆栽を1週目にまとめて行います。クリスマスやお正月に楽しめる赤い実のヤブコウジをメインに、初春に咲く花などを準備しました。


教室の生徒の皆さまの山野草盆栽作品に独楽を添えて半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽


ヤブコウジ(初夏:花 夏~冬:実)
ユキワリソウ(初春:花 )
フイリリュウノヒゲ(年間:葉 夏~冬:実)
鉢:瀬戸焼




教室の生徒の皆さまの山野草盆栽作品に松ぼっくりを添えて

半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽

ヤブコウジ(初夏:花 夏~冬:実)
バイカオウレン(初春:花 )
コクリュウ(年間:葉 夏~冬:実)
鉢:萬古焼




教室の生徒の皆さまの山野草盆栽作品に赤べこ黒べこを添えて

半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽

ヤブコウジ(初夏:花 夏~冬:実)
ユキワリソウ(初春:花 )
フイリリュウノヒゲ(年間:葉 夏~冬:実)
鉢:信楽焼


教室の生徒の皆さまの山野草盆栽作品に赤べこ黒べこを添えて

半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽

ヤブコウジ(初夏:花 夏~冬:実)
青花マルバオウレン(初春:花)
フイリリュウノヒゲ(年間:葉 夏~冬:実)
鉢:瀬戸焼        


教室の生徒の皆さまの山野草盆栽作品に赤べこ黒べこを添えて

半日陰が好きな草花で作る鉢盆栽

ヤブコウジ(初夏:花 夏~冬:実)
ユキワリソウ(初春:花 )
コクリュウ(年間:葉 夏~冬:実)
鉢:瀬戸焼





教室の生徒の皆さまの山野草盆栽作品に赤べこ黒べこ、独楽を添えて

小さな鉢二つで作る鉢盆栽
右側
フイリリュウノヒゲ(年間:葉 夏~冬:実)
ユキワリソウ(初春:花 )
鉢:生徒様持ち込み
左側
フイリユキノシタ(年間:葉)
鉢:中国鉢





クリスマスツリー型キャンドルスタンドとカゴに入ったゴールテリア苗



 続く2週目は、苔玉です。クリスマスとお正月に楽しめる大実ゴールテリアを準備いたしました。

 
金属釉の勾玉の形のお皿の上のゴールテリア苔玉と松ぼっくり
大竹慎一郎さんの勾玉の形のお皿に
松ぼっくりを添えて


黒に白のラインの入った信楽焼のお皿の上のゴールテリア苔玉と赤べこ黒べこ
信楽焼の四角いお皿
赤べこ黒べこを添えて


金属釉の勾玉の形のお皿の上のゴールテリア苔玉と松ぼっくり
大竹慎一郎さんの勾玉の形のお皿に
松ぼっくりをそえて


三日月型の鉢にのせたゴールテリア苔玉と大中小の松ぼっくりとサンキライの実
大竹慎一郎さんの三日月形の鉢
大小松ぼっくりと木の実を添えて


 寒い季節の赤い実は、見ているだけで心が温まります。飾るものを変えるとクリスマスもお正月も楽しめるのもいいところ。
 最後の撮影タイムでは、皆さんそれぞれお皿や小物を使って素敵なシーンを作ってくださいました。同じ植物でもいろいろ演出できるのが面白いところです。
 家のいろいろなお皿や小物でも楽しんでいただけると嬉しく思います。